フィリピンで出会った友人が旅立った

すだちくんと世界一周中!FJです!

最近信じられない事がありました。

突然の訃報

ロンドンのタイムズスクエア。

最近のFJはイギリスで就職することができ、仕事に慣れるのに毎日必死で喰らい付いているんですが、そんな折、フィリピン留学時代の仲間から連絡が入りました。

 

その文面には「留学生活を共にしていた友人が亡くなった」ことが書かれていました。

全く信じられず実感も全然湧かなかったので、正直ピンと来なかったという印象でした。

1ヶ月の期間を共に過ごしたその友人は享年21歳。心筋梗塞らしい。

かなり若いのにしっかりしてエネルギッシュな子で、FJはその子がこれからどうなっていくのかを見るのが楽しみだった。

留学中も一緒にご飯食べたり、映画見に行ったりと同じ時間を過ごしていた。

 

フィリピン留学が終わってからその子も世界を旅していて、SNSでたまに連絡を取り合っていた。

日本かイギリスか世界のどこかでまた会おう!と約束もしていた。当たり前の様にまた会えると思っとったのになぁ。

 

最初は全然実感が湧かんくて、今もどっかでその子が笑っている気がしていた。

でも、親族の方にメッセージを送ろうとみんなでメッセージや写真を集めていると、徐々に実感が湧いてきた。

後悔しない人生

テムズ川とロンドン・アイ(観覧車)

FJが仕事を辞めて旅する事を決めてから、気付いて大切にしている事のひとつ。

それは「後悔せん様に自分の目の前の事を必死でやる

常に頭のどこかにそれはあるし、必死で取り組んでいるとまた違う事が見えて来る。

「1日24時間じゃ足りない」

そう思うと時間が物凄く大切に思えてくる。だからこそ、決断に迷って動けなくなりそうな時もあるし、怖くなる時もある。

でも、どうあがいても1日は24時間しか無いから、時間の重みを意識して今を充実させる。

そんな限りある時間の中で誰に会うか、どこに行くかとか選択肢はいっぱいあるんやけど、その子とはもっともっと会って時間を共有したかった。これから先もずっと。

でももうそれは叶わん。

21歳とか早すぎるだろ。。天国旅するんはずるいって。

大阪の子だったけんこの前日本に帰った時に会えばよかったと後悔している。

出来る事はやっとったつもりだったのにまだまだ甘かったなぁ。まあFJ甘いもの好きやけんなぁ。

もっと会いたかったし、一緒に楽しみたかったしホンマに悔しいけど、21年間必死に頑張ってきただろうからゆっくり休んで欲しい。

ありがとう!ナリ!

というわけで生きている間は必死に生きましょう。休んでもグチ吐いてもいいけん必死に生きよう。

2 thoughts on “フィリピンで出会った友人が旅立った

    1. ゆりぽんさんありがとうございます!
      そうですね!本当に後悔しない様に必死で生きるしかないですね。
      楽しみながら頑張りましょう!!(^^)

ゆりぽん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください