自己紹介

 

FJの歴史〜FJ History〜

FJ (藤 正平)

1989年生まれ

徳島県徳島市出身

2018年3月〜 徳島県のゆるキャラ、すだちくんと共に世界一周中!

 

幼少期

1989年生まれ。

徳島県徳島市に生まれる。

幼少期より泣き虫だった。

目の前を犬や猫が通ると、それだけで大泣きしていたらしい。

身体は小さく華奢でおばあちゃんは「この子大きくなるんかな?」と心配していたそう。

愛しきペロ。 その後、犬を飼い始めて、今では犬も猫も好きです。

そんな幼きFJの得意技はおねしょ

ある朝、幼きFJは母に報告。

「お母さん!オムツってすごい!昨日おねしょしたのに全部渇いとる!」

いや漏らすの分かってるならトイレ行けよ・・。

ちなみに今は夜中でも一人でドヤ顔でトイレに行けます。

サッカーを始める

右がFJ。左のにっしんとは高校でお笑いコンビを組む事になる。

小学2年生の終わり頃、サッカーを始める。

なんとなくかっこいいなと思っていて、仲の良かった友達が所属していたこともありサッカー部へ入部。

それからご飯をよく食べる様になり、体格がガッシリとし始めたと思う。

ポジションはディフェンダー。

たまにゴールキーパーをやった時は

  • キーパー手袋ではなく、軍手を履いて試合に出る。
  • キーパーなのにドリブルして得点をゲット。

今思えば変な奴だったかもしれない。

この時から一緒にサッカーをやっていた友達は今でも仲良くて、死ぬまで続く仲だろうと思っている。

さらに極真空手を始める

白目剥いてご飯食べる意味が分からん

小学校6年生でサッカーの最後の大会が終わった頃、極真空手を始める。

極真空手は他の空手と違い、多くの空手は試合でも「寸止め」で行われる事が多いのだが、極真空手はフルコンタクトと呼ばれる形式で、実際に本気で殴り合う。

FJは当初「1年その空手を習ったら誰も近づけない程強くなれる空手がある」と聞いて興味を持ったのが始まり。

結果6年くらいやったけど、誰でもめっちゃ近付けます。ガンガン近付いてください。

極真空手では、中学1年の頃から大学生や大人に交じって組手をやり始めた。

最初は怖かったけど、精神的にも肉体的にも鍛えられて本当にいい経験だったと思っている。

中学校に入っても学校の部活でサッカーを続けながら、プライベートでは極真空手の道場に通う。

学校が終わり、部活のサッカーの練習をし、それから極真空手の道場に通う。

これが中学時代のFJの生活だった。

中学時代のFJ。バキバキやん。今はブニブニ

サッカーでは市大会優勝等を経験。

極真空手では県大会で優勝、四国大会で準優勝等の成績を収める事が出来た。

さらに趣味でギターを始め、仲間と集まってライブを開催した事もある。

高校時代

特に将来やりたい事も決まっていなかったFJは普通科のサッカーが強い高校へ入学。

もちろん高校生になってもサッカー部に入部。

サッカーの練習が終わる時間が遅く、極真空手の道場にはなかなか行けず、たまに道場に顔を出す程度。

他にも学校外では、小学校からの友人、にっしんとお笑いコンビ「ツイスポー」を組み、

徳島県の地方月刊誌で「4コマ漫画芸人」となり毎月の連載を受け持っていた。

こんな事を毎月やっていた。

ちなみににっしんとは今でも仲良くて、彼は今、ダンスでイベントを開催したり精力的に活動している。

めっちゃカッコいいので興味ある人は是非チェック!(Instagram:scarface89kw

さらには中学時代からギターが趣味だったので、高校の文化祭ではバンドを結成してライブをしたり、

サッカー部を引退してからラグビー部の助っ人として試合に出たり。

イキってるなぁ。昔のドラマみたい

様々な事に挑戦することが出来た充実した学生生活だった。

高校卒業後、就職。

2008年4月

高校卒業後は大学や専門学校へ行かず、就職という道を選択。

運良く大手企業に就職することが出来、工場で機械を調整したり、プログラムを触ったり、資料を作成してプレゼンをしたりと言う貴重な経験を積ませてもらうことが出来た。

プログラムを勉強するきっかけとなったのはある一人の上司の方との出会い。

入社3年目の頃、所属部署の異動があった。
そこで新たな配属先となった部署で出会ったすごく穏やかな優しい方。

高校も普通科だった自分にとってプログラムなんて自分には出来ないと思い込んでいた。

しかし、その方から

「私が教えるから勉強してみない?」

と声を掛けて頂いたのがきっかけでプログラムの勉強を始める。

 

その方はプログラム関係のエキスパートだった。

期待してくれたのが嬉しかったのとそれに応えたいと、早く会社に行って勉強したり、仕事が終わってから会社で勉強したりとすごく充実していて自分自身楽しかった。

そしてその人のおかげで、少しずつ出来る仕事の幅が広がっていった。

間違いなく、FJの人生において人生を変えるキッカケを与えて頂いた大切な人だ。

その方はもう退職されているが、現在でもFJの旅をすごく応援してくれていて、今でも会わせて頂いたり、連絡を取らせて頂いている。

旅の魅力に取り憑かれる

ニューヨークのタイムズスクエア

その人と出会ってから、僕は「学ぶ」という事の楽しさを教えてもらった。

今まで無理と思っていた事が出来る様になる感覚。これは何物にも代えられぬ人生の醍醐味。

仕事を楽しみながら過ごす事が出来ていた中、プライベートでは「連休を見つけては海外へ一人で出かける」という事にハマり始める。

以前より友達とは何回か海外へ出かけた事はあったが、一人で行き始めるとさらにハマった。

フィリピン、マレーシア、カンボジア、ニューヨーク。

様々な場所を巡り、様々な人に出会い、知らない世界を見たり、体験したりする事が大好きになった。

旅は今まで知らなかった事を知ったり、体験する事が出来るという事で、

旅=学ぶ

だと思っている。

学ぶと言ってもスキル的な要素じゃなくて、もっと人間の深い部分。

旅人には、言葉で言い表せない不思議な魅力を持った人が多い。FJもいつかそんな人達の仲間入りをしたい。

旅は楽しみながら学ぶ事が出来、自分を成長させてくれる。

そんな事に気付くと、もうずっと旅しておきたいくらいだった。

しかし、寝る間を惜しんで旅をしたり、遊んだりすると扁桃腺が腫れて高熱が出てしまう。ということを繰り返していた。

「世界一周」を志すまで

アルメニアのリパブリック・スクエア

2017年2月

以前より悩んでいた扁桃腺の摘出手術を受ける。

食事制限はあるものの身体は元気という一週間の入院生活。

一周間の間、病室で自分と向き合い続け、出した答えは「海外に住んでみたい!」という事だった。

この手術以後、どんなに寝不足や疲労状態でも扁桃腺が腫れて熱が出る事は一切無くなった。

2017年3月

復帰後、海外移住を実現する為に動き出す!

所属していた会社には海外支部もあったことから、海外駐在員となる事を目指す為、上司に海外転勤したい旨を伝える。

それと同時に英語の勉強を開始。

英語はアプリを使ったり、オンライン英会話で毎日レッスン、地元のプライベートスクールで週2,3回レッスン通っていた。

今、英語を使って旅をしたり、友達と英語で話せているのはオンライン英会話の成果が大きい。

 

 

ちなみに世界一周中もオンライン英会話を使って英語の勉強をしている。

英語は人生を変える力を持っていると思う。

初めの一歩を踏み出すのは勇気がいるけど、やってみるとすごく楽しいのでオススメ!

 

【英語学習】オススメ!各オンライン英会話サイトの特徴!

 

2017年10月

海外転勤について様々な人に相談、協力して頂いたが、上司に海外転勤は出来ない事を告げられる。

この時に「会社を辞めて自分で世界を見よう!世界一周行くぞ!」と心に決め、退職する旨を伝える。

2018年3月

10年間勤めた会社を退職。

会社でお世話になった人達には、FJが辞める事で迷惑を掛ける事もあっただろうけど、多くの方々にこの決断を応援して頂いている。本当に感謝しています。

2018年3月〜
3ヶ月間のセブ留学を皮切りに世界一周をスタート!!

 

現在、人生のど真ん中!

 

〜旅のハイライト〜

徳島県に怒られました。

徳島県を世界へPRしようと徳島県のゆるキャラ「すだちくん」と世界一周中のFJ。
この活動を徳島県公認にしてもらおうと徳島県に連絡したところ、まさかの展開に・・。

【ドイツ】ベルリンの海外フリーランス養成スクールに参加してみて

ドイツにてフリーランス養成スクールに参加し、WEBプログラミングを学びながら、ヨーロッパで活躍する著名なフリーランスの方々と交流することができました。

スペイン語留学
【スペイン】バルセロナでスペイン語留学!学校紹介・気になる留学生活

【グアテマラ】スペイン語留学解説!アンティグア語学学校MAYA

中南米の旅をより良い物にするためにスペイン、グアテマラでスペイン語留学をしました。

これからも世界一周だけでなく、イギリスでの就職等、色々な挑戦をしていこうと思っているので、応援してくれると嬉しいです!(^^)

 


 FREE JOURNEYについて

ご覧頂きまして有り難うございます。
このブログは、留学と旅をしながら世界一周しているFJのブログです。

時には勉強、時には気の向くままに、人生を賭けて日々楽しんでいます。

そんなFJの日常、体験、アイデア等をこのブログを通じて知る事で、楽しんで頂ければ嬉しいです。

また、質問や気になる事、記事にして欲しい事等ありましたら、お気軽にコメントやメッセージから御意見下さい。

応援メッセージ等頂けると「明日も頑張ろう!」と世界のどこかでFJが口笛吹きながらスキップします。

著作権について

FREE JOURNEYにて掲載しているFJが撮った写真は基本的に無断転載はご遠慮下さい。

写真の利用は御連絡頂ければ応じさせて頂きます。

また、FJが撮影したものではないフリー素材のメディアを使用している事があります。

著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権は各著作者に帰属します。

著作権や肖像権に関して、問題があれば御連絡下さい。

TOPへ