【Python コード】音声出力させよう!コード公開&簡単解説!

すだちくんと世界一周中!FJ@FJ_fromAWA)です!

今回はプログラミング言語Pythonを使って音声出力させる実際のコードを公開、そして解説します。

 

これをそのままコピペすれば、Pythonを使って任意の文章を読み上げさせることができるので、ぜひやってみてください。

ちなみに実際に書くコードはたった「7行」だけです!

 

実際に出力させたファイルがこちら。

 

なんでも思い通りに喋らせることができますよ(笑)。

 

音声出力(Text to speech)の仕様

任意の文章を与えて、その文章を音声で読み上げるファイルをmp3形式出力させます。

これをPythonでコードを書いて実行します。

 

ちなみに僕はpythonでコードを書くときはJupyter notebookを使用しています。

 

音声出力(Text to speech)のpythonコード

それでは早速pythonのコードを見ていきましょう!

 

パッケージのインストール

まずは使用するパッケージのインストールをします。

Windowsだったらコマンドプロンプト、Macならターミナルで実行します。

sudo pip install gTTS

インストールするパッケージは1つだけでOKです。

 

コードサンプル

パッケージのインストールが終わったらpythonでコードを書きます。

 

import os

mytext = "すだちくんと世界一周ですだち"

language = "ja"

myobj = gTTS(text=mytext, lang=language, slow=False)

myobj.save("London.mp3")

os.system("mpg321 London.mp3")

 

かなりシンプルな作りですね!

 

  • 「myobj」に入れる変数をそれぞれ設定
  • my textに自由に任意の文字を入力
  • 「myobj.save」のところでファイル名を指定。

 

language=”en”とし、my text に任意の英文を入力すると英語で出力することも可能です。

 

注意点としては、保存先パスが

user/sudachi-kun(user-name)/

に保存されます。

 

Pythonで音声出力(Text to speech)まとめ

たった7行のコードではありますが、これだけシンプルなコードで動かせます。

こんなに少ないコードでファイル出力までできるのは、ライブラリを使用して効率よくコードを組めるPythonならではです。

これくらいはすぐに実装できるようになるので、未経験からでもとっつきやすいのがPythonの魅力です!

 

ぜひ挑戦してみてくださいね(^^)

読んで頂いてありがとうございました!

 

上記ファイルのコードサンプル

from gtts import gTTS

import os

mytext = "Thank you for reading my blog"

language = "en"

myobj = gTTS(text=mytext, lang=language, slow=False)

myobj.save("Thank you.mp3")

os.system("mpg321 Thank you.mp3")

独学は結構孤独を感じるし、継続が難しいですが、プログラミングスクールならAIエンジニアから指導、相談することができます。僕も思い切ってAidemy premium planを受講しましたが、かなり充実した時間を過ごせました。

 

 

【アイデミー体験談】Aidemy premiumの評判・徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください