[移動方法]バクーからシェキ、シェキからティビリシ

アイスクリーム大好き!FJです!!

アゼルバイジャンのバクーからシェキと言う町に移動、そしてシェキからジョージアの首都ティビリシに移動しました!

今回の移動で困ったのが・・・

・ネットにあまり行き方の情報が無い

・基本的に英語が通じない

と言うこと。

なのでこれから同様のルートを使用する人の為に移動方法を書こうと思います。

 

バクーからシェキ

まずバクー市内からインターナショナルバスターミナルに行きます。


バス、電車を使えるならそれでも良いですが、タクシーでも8マナト(520円くらい)くらいと言っていました。

グーグルマップの経路案内で行き方が表示されるのでそれで簡単にバスや電車で行けます。

ちなみにFJはバスで行きました。一回0.3マナト(20円)程。所要時間は40分程。

バスターミナル

 

バスターミナルに着くとチケット売り場に向かうのですがこれが分かりにくい。

チケット売り場を意味する「kacca」と書かれた案内表示に従って進むといいのですが、建物のかなり奥に進まされ、階段を上がり、屋上の様な所に出ます。そこがチケット売り場、バス発着所です。

 

ひたすらに「シェキ!」と言えばチケットを買えます。(スタッフさんは英語が通じる人もいました)料金は8.4マナト(550円程)

 

シェキ行きのバス
クーラーもあり、座席は割と快適。

時刻表等が無く昼12時過ぎにチケットを買うと12:20発のバスでした。10分遅れで出発。マルシュルートカ(小型乗合バス)でもシェキ行きがあり、割と本数はある様に見えました。売店もいくつかありケバブ(1.5マナト)を購入。

 

15時頃に休憩所に到着。

トイレ、レストラン、売店がありました。

30分程休憩し出発。

こんな景色がしばらく続きます。

そして18時に終点シェキに到着。

 

 

シェキ オススメホステル

Booking.comで予約した

INCI Design Hotel & Hostel

スタッフさんが親切でフレンドリー!ホステル内も清潔で快適!Wi-Fiも速いし、ベッドにコンセント、鍵付きロッカーもあります。

ドミトリー1泊10マナト(650円程)で朝食付きは15マナト(1000円程)

 

外観
ドミトリー

 

テラスもある

アクセスはバスターミナルから徒歩10分、観光名所のキャラバンサライも徒歩20分くらい。

ここで一泊し、翌日シェキからジョージアの首都ティビリシへ!

 

 

シェキからティビリシ

シェキ→バラカン→国境→ラゴデヒ→ティビリシと言う流れで向かいます。

 

・シェキから国境の町バラカン(乗合バス)

こちらもバス(マルシュルートカと呼ばれる乗合バス)で移動しました。

まずはシェキのバスターミナルへ。

あまり大きくないので気を抜くと通り過ぎてしまいそうになりますが「AVTOVAGZAL」と書かれた場所がバスステーションです。

AVTOVAGZALと書かれている
バスステーション入り口
時刻表

 

左側が1枚目の右側と重複してます。

バラカン(Balakan)と呼ばれる国境の町へ向かいます。10:10と14:00発があります。

FJは14:00の便に乗りました。定刻出発。

チケットは買う必要が無く、直接ドライバーに払う仕組み。3.5マナト(230円程)

40分前に行きましたが、危うく乗れなかった程、人がいっぱいだったので早めに行く事をオススメします。

毎度の事ですが日本人が珍しい様で話しかけられたり、見られたりします。

これがマルシュルートカと呼ばれる乗合バス

2時間少しで着くのですが、この車内が窮屈で2時間を長く感じる程でした。

 

 

・バラカンから国境へ(白タク)

バラカンに着くと降りた途端にタクシードライバーが話しかけてきます。

「ジョージア、ボーダー!」と言いながら電卓で交渉し、6マナト(390円)で15分程かけて国境へ。

バラカンの街並み

そして国境へ辿り着く。

奥に見えるのが国境

 

徒歩で出国審査へ。

長い階段の先にある

あまり人もおらず、スムーズに通過出来ました。どこの町に行くのか、何歳か聞かれました。(世間話)

また歩いてジョージアの入国審査へ
橋からは川が見える

入国審査前に両替所があったのでアゼルバイジャンの通貨マナトからジョージアの通貨リラに両替したのだがレートが少し悪かった・・・。入国審査後にもいくつか両替所がありそちらの方がレートが良かったです。

 

 

・ジョージア国境からラゴデヒ(白タク)

無事にジョージアに入国後、次は国境から最寄りの街のラゴデヒ(Lagodekhi)へ。これは5km程の距離でずっと直進なので時間があれば歩く事も出来そうです。

しかし、タクシーが見当たらない・・・。

その辺にいるおっちゃんに声を掛けると白タクドライバーだったらしく、交渉し、ゴリラ・・いや5リラ(225円程)でラゴデヒのバスターミナルへ連れてってくれる事に。でもドライバーのおっちゃんに「今日はもうティビリシ行きのバスは無いぞ」と言われた。時刻は17:00を回っていた。

ラゴデヒにはホテルも少しあったので泊まる事も出来そうです。

 

 

・ラゴデヒバスターミナルからティビリシ(乗合バス)

ものの10分程でかなり規模の小さいバスターミナルに辿り着き、チケット売り場で「ティビリシ!」と言うと17:30発の便があり乗る事が出来た。マルシュルートカで料金は7リラ(315円程)。

 

山道や凸凹道を抜け、20:00過ぎにティビリシに到着!!

 

と言うわけで上記の移動を経てアゼルバイジャンからジョージアの首都ティビリシに着いてます!!

ティビリシの景色

 

こういう旅をしてて英語が通じないと言っても非英語圏でたまに通じるのは日本語じゃなく英語です。実際英語が使えて助かる場面も多々あります。

少しでも興味ある人は英語を勉強してて損は無いと思うので少しずつでも、また旅中も英語を勉強する事をオススメします。

↑↑↑↑↑↑↑↑このアプリは対人と話すのでは無くスマホに向かって喋る事やスキマ時間に少しずつから始められるのでオススメです!良かったら試してください!

2 thoughts on “[移動方法]バクーからシェキ、シェキからティビリシ

  1. 長~~~い移動、お疲れ様~♪ジョージアの特産品て!やっぱコーヒーかな?ご飯美味しいですか~?ジョージアの方々は優しいですか~?必殺!桃の質問攻め( `・ω・´)ノ ヨロシクー

    1. 桃太郎さんありがとうございます!!
      FJも知りませんでしたが、コーヒーのジョージアって国じゃなくてアメリカの「ジョージア州」の事みたいです!(笑)
      ジョージアはワインが有名ですね!!しかも安いです。
      ご飯は美味しいのですが外食が思いの外高くて(普通に食べてると500円以上します)どうしようか考えてます(笑)
      人は優しいですね!やはり日本人が珍しい様で「なんでジョージアに来たの?」とよく聞かれています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください