【セディナ】海外キャッシング最強カード!世界一周には必須!

すだちくんと世界一周中!FJ@FJ_fromAWA)です!

海外生活、世界一周において不安に思う方が多いのは「お金の管理」。

多額の現金を持ち歩いて、海外を旅するなんて考えただけでも怖いですよね。

でも海外生活、世界一周にはもちろんお金が必要です。

よく世界一周中のお金の管理をどうしているか聞かれることも多いです。

答えとしては、圧倒的にオススメな「セディナカードの海外キャッシング」の一択です。

今回はそんなお得に現地通貨を調達することのできるセディナカードの海外キャッシングについて説明します。

 



【セディナ】クレジットカードの海外キャッシングとは

そもそも海外キャッシングなんて馴染みのない言葉ですよね。

それに「キャッシングなんて聞くとなんとなく怖い・・」と思う方も多いかもしれません。

でも安心してください。恐れる必要はありません。

簡単に説明すると、日本で発行したVISAやMasterCard等のカードを使って、現地のATMで現地の通貨で引き出すことができます。

そのお金は一時的に借りたことになるのですが、数日後やその月にすぐに返済すると現金両替より安く、両替所で騙されるリスク等を抑えて現地通貨をゲットすることができるのです。

「この一時的に借りたことになる」ことから怖いと感じる人がいるのですが、クレジットカードで買い物した時の支払いは次の月に支払いますよね?

自分の残高や無茶苦茶な使い方をしないと言う当たり前の事さえ守っていれば、リスクと呼ぶほどのことでもありません。

まだ現金両替してるの?それ本当に安心?

現金両替しているから大丈夫!という人もいると思いますが、現金両替は安心と言えますか?

個人的には現金両替の方がリスクが高いと思います。

両替手数料、レートのチェックをして両替所を選ばなければならない、英語でのコミュニケーションが不安、慣れない通貨の計算がわかりにくい、果ては偽札を掴まされるといった可能性もあります。

FJはベトナムのホーチミンを旅した時、現地の空港でこんなことがありました。

2万円を空港のオフィシャルの両替所で換金しました。

現地通貨のドンを受け取り、金額に間違いがないかその場で確認していると、

係員
「おい!お前偽札渡しただろ!もう一枚一万円札を渡せ!」

FJ
「!?」

係員はこども銀行くらいのクオリティの偽1万円札をFJに見せつけ、もう一枚一万円札を出せとまくし立ててきました。

もちろん、そんな偽札など持っているはずもないです。
明らかなぼったくりにちょっと口論になりましたが、無事にその場を立ち去ることができました。

これは極端な例ですが、実際に経験した出来事です。

 

【セディナ】クレジットカードで海外キャッシングのデメリット

とは言うもののクレジットカードで海外キャッシングすることにおいてデメリットもあります。

訪れる国によって違うのですが、海外キャッシングでは少しの手数料、ATM手数料がかかる場合があります。
ただし、それでも現金両替の手数料より安いことが多いです。

これはクレジットカードの種類によってもかなり違うのですが、今回僕がオススメするのはセディナの一択です。

他のカード会社と比較しても、ぶっちぎりで手数料が安く、ATM手数料もかかることがほとんどないので、自信を持ってオススメします。

と言うより、悪いことは言わないので海外キャッシングをするならセディナにしてください。

 

厳密に言えば、ATMにスキミング装置を仕掛けられてスキミングされた。と言う事件も聞いたことありますが、大通りや監視カメラの設置された付近のATMを使用する等していればそこまで心配する必要もありません。

しっかりルールを把握していれば、現金を持って現地で両替している方がリスクが高いと感じるでしょう。

 

【セディナ】クレジットカードで海外キャッシングの手数料

手数料がどれくらい違うのかは、先ほども述べたように訪れる国によって違うので具体的な数値を持って説明するのは難しいのですが、クレジットカード手数料において、他のカード会社は10,000円以下なら100円、10,000円以上は200円等と設定している会社も多くあります。

セディナではこの手数料がかからないのです。

「100円くらいの問題か」と思うかもしれませんが、場所や条件によっては「引出額の数%」と言う手数料がかかってきたりするので、この手数料はバカにできません。

いずれにせよ安いに越したことはないですよね。

 

ネット繰り上げ返済Pay-easy(ペイジー)でさらにお得に!

海外キャッシングでお金を引き出すと、次の引き落とし日に引き落とされるのが基本です。

ですので、年利が日割り計算されて払わなければならないので、年率/12程度の利率がかかってきます。

これもさらに裏ワザがあります。

海外キャッシングで現地通貨を引き出し、システムに情報が反映される2,3日後、Pay-easyと言うサイトにアクセスします。

カードを発行した後、ネットのページで会員登録をした後、こちらにアクセスします。

ここからわずか数クリックで簡単に繰り上げ返済が可能です。

仮に3日で繰り上げ返済すると年率でかかる利率がわずか3日分で済みます!

まあ仮に忘れても次の支払いで清算されるので、よっぽどの大金を使用していない限り、大した問題ではないですけどね。

 

【セディナ】ブランドはVISA?MasterCard?

クレジットカードを作る時に、カードブランドを選択しなければなりませんが、海外に行くことを考えるならば、VISAかMasterCardを選んでおけば間違いありません。

※JCBは海外で使えないことも多いです。

今までアジアやヨーロッパを初め、カザフスタンやキルギスといった中央アジア、中米や南米も旅してきましたが、VISAとMasterCardを持っていれば困ることはありませんでした。

アルゼンチンの田舎の方で、ATMにそもそもお金が入っていないと言う問題はありましたが・・(笑)

大事なのは1枚だけでは不安です。磁気不良、カード停止してしまった場合のためです。

以下に年会費無料のカードを厳選しました。

面倒くさがりの方には作っておくべき年会費無料カードをオススメ!

Booking.comカード(自動付帯)

セディナ(海外キャッシング)

年会費永年無料の楽天カード(利用付帯、海外キャッシング)

 

こちらのページでクレジットカードの海外旅行保険についても説明していますので良かったらどうぞ。

 

国際キャッシュカード、デビットカードもある

Manepa Card

海外で現地通貨をATMから引き出す選択肢として、国際キャッシュカード、デビットカードもあります。

国際キャッシュカードとデビットカードのメリットは借り入れじゃなくて、自分が所持している分のお金しか引き出すことができないので、使い過ぎる心配がありません。

これに関しては良いと思う人もいるでしょう。

ただし、セディナと比べるとかなり手数料が高いです。

国によっては1回の引き出しで手数料が500円以上取られてしまう場合もあります。

 

セディナカードはセブンイレブンに行く人は必須!

さらに、海外だけでなく、セディナカードはセブンイレブンのポイントが1.5倍になるので、セブンイレブンに行く人は必ず作っておくといいと思います。

セディナは年会費も無料なので、気兼ねなく所持することができます。

普段、コンビニで買い物する人にとってのポイント付与は案外侮れません。

個人的には仕事を辞める前にもっとクレジットカードを作りまくっていたら良かったと思います・・。

【世界一周】海外旅行保険はクレジットカードで無料!?おすすめカード紹介!

セディナで海外キャッシング まとめ

セディナカードの魅力伝わりましたでしょうか?

せっかく楽しい海外旅行や世界一周に出かけるなら、抑えられるリスクは最小限に抑え、気兼ねなく旅を楽しみたいですよね。

これを見て、セディナの海外キャッシング機能を使って、快適に海外を旅することができる人が増えたら嬉しいです(^^)


海外キャッシングならセディナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください