【フィンランド】サンタクロース、オーロラ、夢の詰まったロヴァニエミ!

FJです!

前回の続きで、フィンランドの首都ヘルシンキからオーロラとサンタクロースの町、ロヴァニエミへやって来ました!

ロヴァニエミ

ラッピ州の州都であり、現在のラッピ県の県庁所在地である。ラッピ県の経済の中心でもある。ロヴァニエミ郡に属する。ケミ川が流れ、北極圏のすぐ近くに位置している。2006年1月に周辺の町を合併し、面積8,017 km²(兵庫県とほぼ同じ)の広大な市となった。人口約6.1万人。

出典元:ロヴァニエミ – Wikipedia

この町の特筆すべき点

サンタクロースに会える村がある

オーロラを見ることが出来る

北極圏がすぐそこ!

FJが訪れた10月時の気温はヘルシンキが寒い時で7度くらいだったのに対し、ロヴァニエミはなんとマイナス3度!!

気温が表示されていた。

ヘルシンキからロヴァニエミへの移動手段

ヘルシンキから夜行バスに乗り、12時間程でこのロヴァニエミという街へ行く事が出来ます。

2018年10月現在、金土日しかこのバスは発着してませんでした。

格安バス会社の予約サイト:オンニバス

価格は大体30ユーロ(約3900円)から購入できます。

他にも夜行列車、飛行機で行く事が出来ます。

列車予約サイト:VR

帰りはバスが無かったので、サンタクロースエクスプレスという夜行列車に乗り、12時間程でヘルシンキまで帰りましたが

ベッドなしで80ユーロ(約10.400円)

ベッドありは130ユーロ(約16.900円)

程でした。

ロヴァニエミのホステル

今回は格安予約サイトアゴダで予約。これもなかなかオススメ。Booking.comより安い時もあります。

ホステル カフェ コティ(hostel cafe koti)

このホステルは綺麗で1Fにはカフェが併設されていて、ビュッフェ形式の朝食を1Fのカフェで食べられる(別料金:7ユーロ)。

共用キッチン。モデルルームやん
10人部屋。各ベッドにコンセントや読書灯もあり、快適だった。

この10人部屋で一緒に行動する仲間に出会えた。

コロンビア人のフレディとケニア人のシリン。

一緒にサンタクロース村、オーロラを見に行ったり、ご飯を食べたりほぼ一緒に行動していた!ありがとう!

やっぱこういう時は英語を学んでいてよかったと思う。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

ロヴァニエミの街並み

はっきり言ってロヴァニエミはあんまり大きい町ではない。歩いてすぐに周れる程の大きさ。

ロヴァニエミ中心部

アマゾンミュージック聴き放題! 初月無料! 

 

ロヴァニエミの魅力!サンタクロース村

ついに来たか・・。サンタさんに会う時が!!

このサンタクロース村はテーマパークになっていてサンタに会えたり、トナカイやシベリアンハスキーのパークもある。

北極圏を意味するアークティックサークルのボーダーライン。ここが北極圏との境界。

シベリアンハスキーパーク

テーマパーク内にあり、シベリアンハスキーと触れ合えたりガイドさんが説明したりしてくれる。

かわいい寝顔。

なんだ、シベリアンハスキーって怖いイメージあるけどかわいいやん。

やっぱこわたん。

ちなみにこの写真の子の様に左右で目の色が違うのは10%程しかいないそうです。

やっぱきゃわたん。

頬ずりしたくなるほどかわいいと思わされたり、動物的本能で恐怖を感じる程に怖がらせられたり、感情の運動量が往年のホセ・ルイス・チラベルト(アルゼンチンの伝説のゴールキーパー)がフリーキックから自陣のゴールへ帰ってくる時の姿を彷彿とさせます。

こんな表示もありました。

東京まで7340km!人間の徒歩の時速が5kmとして歩いて帰ったら、61日(1468時間)かかります。

いよいよサンタさんと会える!

この中にサンタさんが!!

そしてサンタさんといよいよご対面!

マジでサンタさんやん!!

もう顔の色とかヒゲとかフォルムとかあまりにもイメージ通りのサンタ過ぎて緊張した!有名人に会った時みたいな!

見るからに優しさが滲み出過ぎていて、包容力の違いがケタ違いだと感じた。

サンタさん「コンニチハー♩」

FJ「こんにちは!」

って握手する瞬間、静電気がバチッ!っとなった。

FJはビクッとなったけど、サンタはピクリともしない。サンタともなると電気すらも許容してしまうのか・・。

恐るべき包容力だ。

「フィンランド初めて来たの?」とか「是非楽しんでいってね」と言ってくれた。

後から知ったんやけど、色々サンタさんに質問も出来る見たい。ぜひ色々なこと質問してみてください!

でもFJは会えただけですごく興奮した!

行く前は話のネタになるな〜って思いもあったんやけど、こんなにもワクワクするとは・・。

将来自分に子供が出来たら連れていきたいと思います。

そしてその頃にはサンタさんに負けない程の包容力を自分にも備え、スタンガンでやられても動じぬ程のFJになっていようと心に誓います。

ロヴァニエミからすぐ!オーロラ

そしてもうひとつのビッグイベント、オーロラ

ツアーに参加し、森を抜けて湖がある場所で観測を行います。でも1日目は曇りで見えず・・。

トナカイのソーセージを食べて帰ります。味は言われなければトナカイと気付かない(笑)

二日目も曇りだったので、ツアーに参加せず、街から歩いて10分程の所で観測。雲の向こうがうっすら明るい気がするけどみえず・・。

Goproで撮影

人影が写っているのは友人のフレディです。(笑)

オーロラは見えんかったけど、寒空の下みんなでそれぞれの言語を教えあったり、語ったり最高に楽しかった!

ちなみにコロンビア人のフレディはスペイン語、ケニア人のシリンはスワヒリ語、現地語、フランス語も話せる。

そして三日目。

この日は晴れていたのでツアーに参加。ガイドさんも今日は見えそうとの事。

バンに乗車し、30分程かけて湖へ向かいます。

ちょっと見えた!

しかし、オーロラが見える方向だけ曇っている。

今日もダメか。オーロラを見るのって難しいんやな〜と思い、そろそろ帰る時間だという頃。

オーロラ見えたー!!

夢を壊してしまうけど、これらの写真は肉眼で見るよりキレイです。(笑)

星空とオーロラのコラボ!

マイナス3度の中で、3時間程いるのは中々寒かったー!でもオーロラをこの目で見れて満足!!

と言う訳でサンタクロースオーロラサウナと完全にフィンランドを満喫してきました!

雪は見なかったので、真冬に訪れるのも楽しそう!

でも真冬にくる場合は、しっかり防寒着を持ってこようと思います(笑)

日本人もたまに見かける事があったり、日本人向けのツアーもある観光しやすい街です。

是非、ロヴァニエミはカップルや友達、家族、大切な人たちと訪れて欲しい場所。

次はフェリーで2時間程かけてエストニアの首都タリンへ向かいます!!


 

゜:*★フィンランドのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

 

TOPへ

 

6 thoughts on “【フィンランド】サンタクロース、オーロラ、夢の詰まったロヴァニエミ!

  1. サンタさ~ん&オーロラ~☆スゲー!おいらも見たいな~(  ̄- ̄)&FJさんにリクエスト!ぜひ氷のホテルに泊まって感想を聞かせてくださいな♪宜しくね~(⌒0⌒)/~~ワクワク♪((o(^∇^)o))

    1. 桃太郎さんありがとうございます!!
      氷のホテル是非泊まりたかったのですが、高額なのと一人なので、
      身も心も財布も寒くなってしまうので宿泊はしませんでした(p_-)(笑)
      いつか大切な人を連れてやってきたいと思います!(^^)

  2. あ~~………高いんですね~(。>д<)氷だけで!あれだけの設備は……手間もかかりますよね~……よし!いつか自力で( ・`д・´)ちなみに1泊いくらですか~( ´∀`)/~~

    1. 部屋の大きさや期間によって異なるとは思いますが、一泊5万〜くらいの値段でしたよー!(°_°)
      なかなかバックパッカーが一人で行こうとは思えませんでした(笑)
      ただ良い条件でオーロラを見る事が出来るなら価値はあるかと思います!!
      宿泊した際は是非お話聞かせてください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください