ロンドンってごっつい

すだちくんとロンドン生活中!FJです!

ついに始まったロンドンでのワーホリ!
一週間が経ったので、この一週間何をしていたのか報告します。

ロンドン

ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。

ロンドン-Wikipedia

ロンドンのガトウィック空港に着いたのが、土曜の夜中AM2時くらいだった。
FJはその日の朝10時からプログラミングスクールに申し込んでいた。

時間があったので、空港のイスで寝ることにした。
めっちゃ寝心地悪い・・。と思ったら気付いたらアラームに起こされた。アラームセットしてなかったら寝過ごしそうなほど爆睡してた。
前からどこででも寝れるタイプだったけど、世界一周を始めてからさらに強くなった気がする。

海外旅行行くならクレジットカード必須!

ロンドンのプログラミングスクール

FJがロンドンでやると決めていたこと。

「英語」でプログラミングを学ぶ。

英語ももちろんまだまだ学ばないといけないのだけど、英語で何かを学ぶことに意味があると感じていた。

そうして初めて英語が活きると思っていたから。
そしてついにそれを実行することができた。

FJが学んだのはAIに関わる「Data science(データサイエンス)」と言う分野のプログラミング。

簡単に言うとデータの演算や処理したり、可視化したりすることを主にやっていた。

講師のイギリス英語のアクセントに面食らいながらもなんとか二日間の日程を修了することができた。

ロンドンでの英語の語学学校

1週間だけやけど、語学学校に通うことにした。

ビジネス英会話のクラスに入り、ブラジル、チリ、メキシコ、コロンビアや韓国人といった多彩な国籍の人たちの中でのグループレッスン。

中上級者以上で無いとビジネスクラスに入れないと言うこともあってみんなレベルが高かった。
って言うか授業の内容がすごい。

ビジネスにおけるマーケティングの戦略についてディスカッションしたり、世の中のニーズを満たす商品を考案してプレゼンしたりする。
日本語でも難しいようなことを英語でやるので一日4時間だけだったけど結構疲れた。

そして南米の人たちは本当によく話す。
間違っていようと気にもしない。これが英語を学習する上でかなり上達に繋がっていると思う。

間違えないのがいいのじゃなくて、何かを学ぶ際には間違えた数だけ成長できると言うことを改めて気付かせてくれた。

何人か友達も出来たので、学校は卒業したけどこれからも絡ませてもらおうと思う。

英語サプリ

ロンドンでのAI,プログラミングのミートアップ

ミートアップは言わば、集会、勉強会、講演会だったりとそのミートアップによって種類は様々。

ロンドンは世界屈指の大都会ということもあり、探せばいくらでも魅力的なミートアップが毎日のように開催されている。

そこで早速2回ほどミートアップに顔を出してみた。

1回目は「機械学習の在り方」の講演だった。
来場していたロンドンで活躍するブラジル人のエンジニアの方と仲良くなって勉強方法等を教えてもらった。

その後もやりとりをしていて、何かある度に良い教材や情報等を教えてもらっている。

やっぱりAIはロンドンでも盛り上がっているみたいだし、学ぼうとしている人も多いと感じる。

2回目はプログラミング実践型のミートアップ。

参加者でチームに分かれ、与えられたお題をプログラミングしてシステムを作り、その後プレゼンするというもの。

ちなみにこの日はざっくり言うと「音声認識を使ってシステムを作る」のがお題。

具体的な完成物としては、パソコンに話しかけて音声認識させ、その言葉をグーグル検索して結果を出力したりする。

こういった物を1時間半くらいでみんなゼロから作っていた。

ちなみにFJはまだそんなことはできない。完全に足を引っ張っていた。
それでも初心者の方も何人かいて、Welcomeな雰囲気だった。

FJがなんとかできたのが、任意の文章を打ってそれをパソコンに読み上げさせるプログラミング。

言語切り替えも出来たので日本語で出力してみた。

出来た音声ファイルがこちら(再生出来るかな?)⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

ちなみにこれはそんなに難しくないんだけど、FJにとってはかなり嬉しかった!
ある意味初作品!
ていうかすごくない?(笑)

イギリスの料理

フィッシュ&チップス。語学学校の友達たちと食べた。

よく言われているのが「イギリスの料理って美味しくない」と言うこと。

イギリスらしい料理はフィッシュ&チップスくらいしか食べてないけど、めっちゃ美味しかった!
魚は白味魚を丸ごと使っていて、骨がないので食べやすいのも嬉しい。

普段は基本的に安いスーパーでサラダ=1.5ポンド(225円)とか、小さい寿司セット=1.2ポンド(180円)とかで生活してる。それでも今までおった国に比べたらかなり高いかな。
でもロンドンでは普通にレストランとか行ったら10ポンド(1,500円)以上はする。

寿司もサラダも美味しいよ!
バナナは安かったら一本0.25ポンド(約37円)

FJのロンドン生活近況まとめ

最近はこんな感じで毎日過ごしてました。

正直毎日必死で、全然余裕がありませんでした。(笑)

スタートアップに行くのも、プログラミングスクールに行くのも緊張するし、いきなり今まで知らんかった世界に飛び込む毎日で、ビビりながらも当たって砕けて、また当たって砕けて、10分散歩して立て直す毎日です。(笑)

けど、基本的に楽しくやってます!「生きてる!」って感じ!

これから保険の手続きがあったり、銀行口座作ったり、家とか仕事探したりせなあかんのやけど、ロンドンに本格的に腰を据える前に一回日本に帰ろうと思ってます!

まだ未定やけど、多分4月中旬か後半〜5月中旬くらいまでおりたいなぁ。

また決まったら連絡しまーす!


アマゾンミュージック

オススメの「SIDE by SIDE」というメニュー!
これは色々なアーティストが裏話や自分の曲について語っていて、曲も聴けるのでそのアーティストの事をより知る事が出来る。

ぜひ初月無料登録して自分の好きなアーティストを探してみてください!

アマゾンミュージック聴き放題! 初月無料! 

4 thoughts on “ロンドンってごっつい

    1. 青藍さんありがとうございます!
      今まで授業は寝る時間と思ってましたが、勉強する時間だったことに最近気付くことができました!
      勢いだけでロンドンに挑もうと思ってるのでこれからもぜひ見ていてください(^^)

  1. ヤッホー♪だんだんと!確実に!逞しく進化してるねΣb( `・ω・´)グッこの調子で!進化を続けるのですだち~&20年ぶりに紙幣一新だって( ̄0 ̄)/あっ!フィッシュ&チップスだ~(*≧∇≦)ノ

    1. 桃太郎さんありがとうございます!
      毎日必死でいると進化しているか全然わからない時もありますが、頑張りますだち!(^^)
      紙幣一新驚きますよね!
      ロンドンではどこに行ってもほぼカード決済で紙幣をほとんど使っていません。
      かなり便利なので日本も早くキャッシュレス化が進んで欲しいです!(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください