【仕事辞めちゃえ】転職おすすめサイト3つ厳選!地方者にも有益な転職サイト

すだちくんと世界一周中!FJ@FJ_fromAWA)です!

以前、僕は徳島県在住で10年働いた大手企業を辞めました。

 

転職者
「仕事おもしろくないから転職したい」
転職者
「とにかく今の仕事がいやだ」

 

仕事に対して不満を抱えている人は多いです。

なんなら、仕事がいやと言う人が大半を占めるのではないかと感じます。

がっつり結論を言ってしまうと、いやなら転職すればいいです。

「自分がいないと会社が・・」

「転職できなくて路頭に迷うかも・・」

90%以上が幻想です。

つまり、今の仕事を辞めても生きていけます。

ただし、計画的に転職することが大事なので説明します。

 

転職は悪いこと?ステップアップ?

仕事を辞めにくいのはなぜか

「仕事を辞める」と言うと、「軟弱者!」「お前は逃げてるだけだ!」と言われてしまいそうな気がします。

だから、口にすら出してはいけないと言う暗黙の了解があります。

僕は

FJ
「仕事を辞めて世界一周します!」

と言ったら怒鳴られたことがあります(笑)。

 

日本の高度経済成長期に生きた人たちからすると、ひとつの会社で定年まで迎えて年金で暮らす。

これが一般的な幸せな暮らし方でした。

確かに良いと思うし、羨ましくもあります。

でもこれは、銀行の金利が5%を超えるのが当たり前だった時代を生き抜いた人たちの話です。

 

今の時代は違います

 

現在は、銀行の金利が0.03%とかそんなレベルの時代です。

これだけ時代も景気も変わったのに、仕事に対する価値観は不思議なことに一切変わっていません。

高度経済成長期の考えを無理やり今の時代に当てはめてうまくいくと思いますか?

 

時代に応じて労働に対する考え方もアップデートしましょう。

 

大手企業でもリストラが当たり前になってきている

最近、日本の大手企業でも世界的な企業でも40歳を超えてリストラされると言うニュースが増えてきました。

年功序列で上がった高い給料でイヤイヤ働く人、文句も言わず効率よく働く機械やシステム。

あなたが経営者ならどちらを選びますか?

 

答えが明確なだけに、怖すぎですよね。。。

でもこれが僕らが生きる現代の現実です。

 

そんな時にひとつの会社で生きてきた人にとっては、人生に関わる大打撃です。

この時に対応できるのは以下の人でしょう。

  • どこでも働けるスキルを持っている
  • 転職経験があり、転職のコツを肌感覚で掴んでいる

 

最近では新卒より、即戦力の中途採用に力を入れ始めている会社が増えているので、転職もしやすい環境が整ってきました。

 

転職をステップアップに

考え方によっては転職はステップアップにもなります。

海外で優秀な人は何回も転職を繰り返し、その度に給料や待遇を良くしていきます。

イギリスで外国人と一緒に働いていても「労働は契約」という考えで働いているのをすごく感じます。

 

FJ
「あれ?仕事変わったん?なんで?」

 

イギリス人
「え?新しい会社の方が給料良かったから♬」

という感じです。

逆に僕は「日本のひとつの会社で10年働いた」というとよく「オーマイガー!」と驚かれます。

 

転職のコツ、オススメのサイトを紹介。

転職の仕方なんて、基本的に誰も教えてくれません。

手探りでやっていくしかないんですよね。

でも、こんな時代に生まれたからこそ僕たちには武器があります。

インターネットです。

インターネットは日本だけでなく、世界と一瞬で繋がれる時代です。転職は情報が大きなカギとなります。

インターネットをうまく使えば、あなたを欲しがっている企業側からスカウトを受けることさえあります。

 

自分の転職市場価値を知る

 

MIIDAS(ミイダス)

いきなり転職しようとしても自分の転職市場での価値なんてわからない人がほとんどです。

そこでオススメしたいのが、あなたの市場価値を年収で表してくれるサービス、ミイダスです。

アプリからスキルや経験を入力すると、膨大なビッグデータを元にあなたの想定オファー年収を診断してくれます。

僕はミイダスで市場価値を診断して見ると、想定オファー年収600万ほどでした。

ぜひミイダスで年収の診断やってみてください。占い感覚で面白いですよ!

 

 

実際の求人を見てみる

 

非公開求人も見れる!DODA 

 

意外に多くて驚くのが、「転職したいなぁ」と言っているだけで求人情報すら見ない人の多さです。

求人を見ることで、今の自分の会社の待遇を俯瞰してみることもできます。

「思っていたより、今の会社の待遇いいな。もうちょっと頑張ってみよう!」

と思うことができれば、それも大きな収穫です。

求人情報を見た上で、やっぱり転職したければ、自分の気になる仕事にどんなスキルが必要なのかを求人情報から読み取ることができます。

 

大手転職サービスに登録しておく

 

リクルート運営!はたらいく

 

やっぱり大手は求人数や対象地域の豊富さが違いますね。この辺はユーザーの視点からすると非常に助かります。

地方にいると、都会に比べ求人数は少ないのでいかに情報に触れるかが大切になりますので、登録しとかないと損します。

 

特化型求人を利用する

最近、出てきているのが特化型の求人サイト。

 

看護師、エンジニア、介護系等はそういったサービスがあります。

 

看護師に特化!セレジョブ 

看護師に特化した転職サイト。旅している人は看護師が多い。きっと再就職しやすいからだろうなぁ。

 

エンジニアに特化!MIDWORKS 

エンジニアに特化した転職サイトもあります。エンジニアはこれからも仕事が多そうなので、しばらく安心ですね。

 

≪未経験・初心者求人も多数!≫ 介護求人ならやっぱりカイゴジョブ 

未経験からでもOKってのがすごい。政府の方針次第ではこれから介護系職種の給料が上がる可能性あり。

 

スキルを身に付けるのが安定!

転職するにしても、転職しないにしてもスキルがあるのは大きな武器となります。

これからの時代の流れを踏まえた上で、オススメのスキルを紹介します。

 

英語

まずは、やっぱり世界の共通言語の英語です。

英語を喋ることに憧れている人は本当に多いですが、日本人で英語を喋れる人は本当にまだまだ少ないです。

英語を喋れると

  • 外国へのハードルがかなり下がる
  • 世界中に友達ができる
  • 英語喋れるだけで転職すら可能
  • 今の仕事のキャリアアップも可能

 

【体験談】ネイティブキャンプ月100レッスン経験者が語る!英語上達方法

 

プログラミング

2020年から小学校でプログラミングが必修科目となります。

学校でプログラミングと聞くと、なんだか近未来という感じがしますよね。

ただし、世界的に見ると遅すぎます。

世界の先進国では2010年あたりからプログラミング教育が始まっている国が多いです。

2020年にプログラミング教育が始まっても、最初は教育体制も整わないだろうし、エンジニア不足は深刻なのでプログラミングスキルがあればしばらくは安泰でしょう。

プログラミングの中でもオススメは、これから世界を大きく変えていく人工知能やIoT(モノのインターネット)、ブロックチェーンといった分野です。

【Python】人工知能(AI)プログラミングスクールおすすめ6選!

 

オンラインプログラミングスクールでAIを学んだので、よかったらその経験談をどうぞ。

【アイデミー体験談】Aidemy premiumの評判・徹底解説!

 

転職オススメサイト まとめ

転職サイト、そしてスキルをあげる為のサイトを紹介しました。

転職を考えるなら、計画的に転職することが大事です。

「こんな仕事辞めてやる!」と飛び出す勢いも大切ですが、まずは自分の転職市場価値やスキル等を客観的に見て把握しましょう。

逆にスキルや経験があると、今より良い待遇や環境で仕事することが期待できます。

「仕事をする為に生きている」のではなく、「生きる為に仕事しているだけ」と言える人が増えれば病む人も減るんじゃないかな。

転職してもしなくても人生楽しみましょう(^^)

 

【転職・副業】仕事辞めたい?辞めてもいいと思うけどこれだけ聞いて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください